可愛い子犬のオンラインペットショップ Puppy Island 年中無休/TEL受け付け:AM10:00〜PM20:00/メール受け付け:24時間
Tel:0467-87-2417/Mobile:090-8585-5677
E-mailでお問合せはこちら
HOME 店長ご挨拶 お届けした子犬達 Q&A集 通販規約 個人情報保護方針 お役立ちリンク集 サイトマップ お問合せ
ブリーダーが教える困った癖の直し方
ブリーダーの店長が子犬の困った癖を直すポイントを紹介するページです。子犬が困った行動をする多くの原因は子犬時代の飼い主の接し方に問題があり、子犬の困った行動の裏には必ず理由があります。その理由がわからずに誤った対応をすると一向に解決する事ができません。ただ叱るのではなく、原因を探り取り除くのが早い解決方です。
1.子犬が家の前を通る人や犬に吠える
子犬にとって自分の暮らす家は縄張りです。家の前を通る人や犬は自分の縄張りを脅かす敵であり、吠える事によって相手を威嚇し家族に警戒を呼びかけてます。「ダメ」「イケナイ」と一喝しても吠え続ける場合は、コインを入れたペットボトルなど子犬が気が付かない様にそばに投げて大きな音をたてて驚かせましょう。外を通る人を見えない様にするなど工夫も大事です。
2.子犬が甘噛みをする
子犬にとって甘噛みは遊びみたいなものです。チワワ小さい小型犬が甘噛みしてもさほど痛くはありませんがそれを放っておくと段々エスカレートして人に手や足を噛む問題犬になってしまいます。甘噛みをしてきたら子犬の口の中に親指を入れて下口を力を入れて持って子犬は「キャン」と鳴くまで「ダメ」「イケナイ」などと強く言って叱りましょう。繰り返し教える事によって甘噛みをしなくなります。
3.子犬が反抗的な態度をとる
子犬は家族を順位つけをします。自分が頼れる相手と認めればリーダーとして絶対服従をしますが弱に頼れないと思えば子犬は自分がリーダーだと思ってしまいます。これは日頃からの甘やかしが原因で悪い事をした時はきちんと叱り、人間が常に主導権を握るのがポイントです。
4.子犬が散歩中に他の犬に吠える
気が強い犬が自分の力を誇示、気の弱い犬が恐怖で吠えるなどの原因が考えられます。チワワなど小さな小型犬ならそのまま抱きかかえてしまえばその場は済んでしまいますが、その事によってさらに優越感を与えてしまう場合があるので注意が必要です。他の犬が見えたらリードを短く持って吠え出す前にスワレやマテをさせて落ち着かせましょう。吠えようとしたらリードを引いてショックを与えるようにします。
5.子犬が自分の足をなめる
家族とのスキンシップが少なかったり、運動不足でストレスが溜まってる子犬にみられる行動です。声をかけて止めさせる、ビターアップルなどをスプレーしるとなめなくなります。
6.子犬が自分の糞を食べてしまう
子犬が自分の糞を食べてしまう事は以外を多いものです。衛生上よくありませんのでやめさせましょう。子犬が糞をしたらすぐにかたずける事が基本です。子犬が自分の糞を食べようとした時はすぐに叱って止めさせましょう。栄養不足や食事量不足、便にドッグフードの臭いが残ってるのが原因の場合もあります。
このページの上へ戻る
Copyright(C)2006 Puppy Island All rights reserved.