可愛い子犬のオンラインペットショップ Puppy Island 年中無休/TEL受け付け:AM10:00〜PM20:00/メール受け付け:24時間
Tel:0467-87-2417/Mobile:090-8585-5677
E-mailでお問合せはこちら
HOME 店長ご挨拶 お届けした子犬達 Q&A集 通販規約 個人情報保護方針 お役立ちリンク集 サイトマップ お問合せ
ブリーダーの店長が教える子犬のしつけ
子犬の食事のしつけ | コイ(来い)の教え方 | 散歩のしつけ方 | 車に慣らそう | お留守番について | しつけ用品・グッズ
★子犬の食事のしつけ
1.子犬の食事する場所を決めましょう。
子犬に食事(ドッグフード)を与える時は必ずゲージの中で与えましょう。イタズラした時などに無理やりゲージに入れると、子犬はゲージに入るのを嫌がる様になります。来客などで犬をゲージに入れておかなければならない時などに大変です。食事をゲージの中で与えておくと、子犬はゲージに入るのを嫌がらなくなります。
2.子犬の食事時間は決めない。
よく時間を決めて与えた方が良いか?と聞かれますが答えはNOです。子犬の腹時計は結構時間に性格で、時間を決めてしまうとその時間が来ると騒ぐ様になってしまいます。又、人間がその時間に常に合わせなくてはいけなくなります。適当な時間をおいて1日に2〜3回ほど必要量を与えましょう。犬に合わせるのではなく、人間のライフスタイルに子犬を合わすようにしましょう。当店で生まれるチワワ、トイプードル、ウェルシュテリアの子犬達も食事の時間はあえてバラバラにして、新しい飼い主さんの所に行っても手がかからない様に育てています。生後6ヶ月〜8ヶ月位までは、1日3回位必要量を与え、その後1日2回位にしていきます。
3.おやつの与えすぎに注意!
子犬が生後6ヶ月〜8ヶ月位まではなるべくジャーキーなどのおやつは与えないようにしましょう。しつけのご褒美に少量程度にして習慣化させない様に!しつけはフードでできます。
4.良質なフードを与えましょう。
よくホームセンターなどで売られている安価なドッグフードは、人間が食べられない様な粗悪な原料から作られている物が多いので注意が必要です。成長期などで栄養がとくに必要な子犬には良質な専門店などで販売してる良質なスーパープレミアムドッグフードなどを与えましょう!
→スーパープレミアムドッグフードはこちら
子犬の食事のしつけ | コイ(来い)の教え方 | 散歩のしつけ方 | 車に慣らそう | お留守番について | しつけ用品・グッズ
このページの上へ戻る
Copyright(C)2006 Puppy Island All rights reserved.